一般社団法人 日本投資顧問業協会

  • 苦情・ご相談
  • 会員専用ページ
 

投資顧問業とは

  • 投資顧問関連サイトリンク集
  • 協会の出版物

投資運用業および投資助言・代理業入門

平成19年9月30日に施行された金融商品取引法制の下で、投資顧問業は、投資運用業、投資助言・代理業と法律上の呼称、位置づけが変わり、業務分野の拡大・多様化が進んでいます。

投資運用業、投資助言・代理業とは

協会の会員が行う「投資運用業」、「投資助言・代理業」は、次のような内容の業務です。

投資運用業には、次の2つの種類があります。

@投資一任業務 :
投資一任契約に基づき、投資者から投資判断や投資に必要な権限を委任され投資を行います。
Aファンド運用業務 :
ベンチャー企業の育成や事業会社の再生等を目的として組成されたファンドの財産を主として有価証券等への投資として運用を行います。なお、不動産私募ファンドの場合は、@の投資一任契約に基づいて運用を行うのが一般的です。

投資助言・代理業には、次の2つの種類があります。

@投資助言業務 :
お客様との間で締結した投資顧問(助言)契約に基づいて、有価証券など金融商品への投資判断について、お客様に助言を行います。投資判断はお客様自身が行います。
A代理・媒介業務 :
お客様と投資運用業者との投資一任契約または投資助言業者との投資顧問(助言)契約の締結の代理・媒介を行います。
関連ページ
会員名一覧へ

登録

投資運用業者と投資助言・代理業者は、金融商品取引法の規定により、内閣総理大臣の登録を受けることになっています(業者には○○財務局長(金商)第××××号という登録番号が与えられます。)。

一般社団法人日本投資顧問業協会
金融商品取引法の規定に基づく協会で、投資者の保護と投資運用業および投資助言・代理業の健全な発展のため、自主規制ルールの制定・実施をはじめとするさまざまな業務を行っています。なお、協会への入会は、任意となっています。
協会・会員について

ページ上部ヘ戻る